稗粒腫の原因と身なり

稗粒腫,関連,病態

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)は、面構え、それほどまぶたの周りに行えるイボの一種だ。

 

これは毛孔の奥にある毛髪包という部分に、角質や軟らかい毛髪が詰まってしまって要る状態です。

 

同じようにまぶたの周りにやれるイボとしては、眼の汗を出す管が増殖やる汗管腫があります。

 

汗管腫は稗粒腫よりも大きくなることがあり、オタマジャクシものの形のしこりになります。

 

他にも面構えにとれるイボには、お爺さん性のイボや首イボがあります。

 

稗粒腫,関連,病態

 

これらは色素の落着きがあることが姿の印象で、オッサン以上に手広く在るのに対し、稗粒腫は新生児や小児、初々しい女性に多く見られます。

 

ういういしいカテゴリーに発症することから、肌のからくりが未成熟な結果、毒物の交代がうまくいかずに肌のインサイドにとどまってしまってできると見られている。

 

但し、詳しい原因はまだ調査されていません。体質的なものや、面皰などのダメージがきっかけとなって見込めることもあります。

 

具合は、まぶたの周りに1‐2㎜の白くさい湿疹ができるというものです。面皰といった似ていますが、触っても疼痛やかゆみはありません。

 

稗粒腫,関連,病態

 

ウイルス性のものではないので、うつったり広がったりということはなく、放っておいても害があるわけではないです。年月の手順と共に自然に直ることもあります。

 

姿が気になって、どうも取ってしまいたい場合は、毛髪包にあるものをピタリ押し出してしまえば、自分で処置することもオッケーだ。

 

ただ、その時にちょこっと出血したり、傷口ができるので、そこからばい菌が入らないように注意する必要があります。

 

また面皰の自己処理のように、痕が残ってしまうこともあります。

 

スキン科で処置してもらうときれいにできますが、保険が適用される場合とそうでない場合があるので、医院で確認してください。

 

スキン科では、レーザー診療や、針で穴を開けて条件を生み出すといった診療が行われます。

 

稗粒腫,関連,病態

 

理由や具合から考えて、肌をきれいに保つことや交代を上げることが稗粒腫の護衛になります。

 

角質援助を意識して行うことや、食べ物を含めた人生全般を調えることができます。肌の新陳代謝を促進する効果があるベースコスメティックもいいでしょう。

 

漢方薬のヨクイニン(ハト麦)が効く顧客もいる。ヨクイニンは漢方薬チャンネルや薬局で、様々なフォームのものが小売りされています。

 

もしも、炎症が起きていたり、ジャンジャン広がっていくように見えるなら、稗粒腫ではなく他のイボだと思われます。

 

早急の診療が必要なイボもありますので、その場合はスキン科を受診して下さい。

 

首イボTOPページへ